キムラデービーブログ

オープンソースデータベースを加速する「キムラデービー」のブログです。カレー日記を兼ねてます。なお著者は2010-06-01より日本オラクルに在籍していますが、本サイト(ブログ、またはウェブサイト)において示されている見解は、私自身の見解であって、オラクルの見解を必ずしも反映したものではありません。
<< OSS-DB認定試験の「OSS-DB」はLPI-Japan殿のマーコム用語であることを肝に銘じよ。 | main | ♪もう行かなくちゃ〜の甘さに耐えられるならオススメ「逆様ブリッジ」スネオヘアー >>
OSS-DB認定試験はLPI殿の既存のLinux技術者認定試験(LPIC)とは違うことを認識せよ。
0
    JUGEMテーマ:コンピュータ


    せっかくの週末をイヤ〜な気分で過ごした木村です。おはようございます。

    今回のOSS-DB認定試験の話が持ち上がる前、つまり2011-02より前は、私はLPI殿およびLPI-Japan殿には比較的良い印象を持っていました。毎月買う日経Linuxの背表紙広告にも「世界最大」「国際認定制度」「中立公正」とあり、Linux技術者認定制度(Linux Professional Institute Certification、つまりこれの略称がLPICです)としては、妥当なものであるという認識だったからです。

    例えば日経Linux今月号(2011-07)のNewsフラッシュにでていたLPIC試験開発責任者インタビュー(p.13)では、以下のようなやりとりがあります。

    Q.試験問題はどのようなプロセスで作成されるのか
    A.スポンサーと協議をした後、広く意見を聞くJTA(業務分析)という調査プロセスを解して、出題範囲を決める。最終的に1500人くらいからの意見を取り入れて業務上の重要度などで重み付けを行い、問題を作成する。


    なるほど、これなら「中立公正」であるかもしれない。ご苦労も伺えます。



    翻って、今回のOSS-DB試験はどうでしょう。LPI-Japan殿がおこなうということで、既存のLPICと同様なイメージを持ちそうになりますが、そもそも違うものであることは認識しておかねばならないようです。

    1. OSS-DB認定試験はLPI-Japan殿がおこなう日本ローカルの日本語による試験です。
     LPICはLPI殿、および各国のLPI関連団体がおこなうワールドワイドなものですが、OSS-DB認定試験はそうではありません。つまり少なくともLPICのような「国際認定制度」ではありません。当然「世界最大」ともいえません。

    2. LPICのような開発プロセスは取られていません。
     OSS-DB認定試験は、私が目にした2011-02時点で(つまりSRA殿やLPI-Japan殿関係者以外が初めて目にした時点で)PostgreSQL CEありきの認定試験です。そのため、PostgreSQL的には「中立公正」なのかもしれませんが、少なくともOSS-DB的に「中立公正」ではありません。上記で述べられているJTAという調査プロセスも、またその内容について、ボランティアもパブリックコメントも求めたものではありません。これまでに知り得る情報でみる限りは、旧PostgreSQL CEから、対応バージョンを8.x -> 9.x にバージョンアップし、オープンデータベースに触れるパートを(全体の分量からするとほんの少し)追加しただけです。
     
    3.LPICの名称と対象であるLinuxは妥当ですが、OSS-DB認定試験の名称と対象は妥当とは思えません。
     Linuxには皆さんもご存じの通り、数多くのディストリビューションがあります。しかしながらLPI殿のLPICは「特定メーカーの製品・技術に依存しない」ことに重点が置かれています。そのためRHEL, SuSE, Debianなどディストリビューションに特化したものは試験内容にはない(はずです)。当初は疑問の声もあがりましたが10年の歳月が、その選択が正しかったことを証明しています。まさに'Linux'の認定試験です。「中立公正」だと私も思います。しかし、これは名前がLPICだからこそ、そう思えるわけで、これがOSS-OS認定試験であればどうでしょうか? 数あるオープンソースのオペレーティングシステムの中で言えば、Linuxに特化したものです。Linuxに特化した上で、そのLinuxの中で「中立公正」だから、LPICなのではないでしょうか?
     翻ってOSS-DBです。OSS-DBは少なくとも現時点では「特定のメーカの製品・技術に依存したもの」です。つまりPostgreSQLに依存したものです。数あるPostgreSQLとバリエーション(PostgreSQL本家, EnterpriseDB, PowerGres, PowerGres Plus, etc)の中で「中立公正」を保っているように見えますので、認定試験の名称がPostgreSQL CEであれば「中立公正」であると思いますが、実際の名称はOSS-DBです。わかりやすくすると、以下の階層です。

    Linuxの場合: (i)OSS-OS→(ii)OSS-OSのうちのLinux→(iii)Linuxのバリエーション
    PostgreSQLの場合: (i)OSS-DB→(ii)OSS-DBのうちのPostgreSQL→(iii)PostgreSQLのバリエーション

     今回のOSS-DB認定試験も、LPICと同様に(ii)の階層で(ii)の名称を使う限りは「中立公正」だと思います。元々SRA殿が工数をかけてPostgreSQL 7.x -> 8.xと続けてきた認定試験なのですから。それを今回LPI-Japan殿が意図的にOSS-DBを名乗るために、ややこしい話になるし私が憤慨しているわけです。

    前回も書きましたが、大切なことなので、再度書きます。

    「今回あらためて思うのですが、OSS-DB技術者認定試験の名称が「PostgreSQL CE」のままであれば、もしくはLPIC試験シリーズの新試験、LPIC-DB試験であれば、上記のことはLPI-Japan殿が勝手にやっていることだからどうでもよくて、私も数少ないお休みをつぶしてまで憤慨したり、それに対するブログエントリを書く必要はないのです。ただ「がんばれ」とエールを送るだけですむのです。

    その実はPostgreSQL CEであるのに、OSS-DB技術者認定試験と名乗って、あたかもOSS-DBを代表するような名称や、その名称に基づく試験を実施する立場で変な発言をするのはやめていただきたいと切に思います」


    最後に「変な発言」の追加と、それへのコメントです。

    LPI-Japanが、オープンソースデータベース技術者認定試験を開始

    同じくオープンソースベースのデータベースソフトであるMySQLについて成井 弦理事長は、「現在はOracleの配下に入っており、ディストリビューションのリリース時期や仕様を1つの企業が決めるようになるとしたら、OSSとは違うものになる。今後、中立な立場でディストリビューションされるようであればMySQLもやるかもしれない」とコメントした。

    ええっ! ということはみんなが使っているFirefoxやRHELも、いま流行のAndroidですら、もしかしてOSSとは違うものになっているんですか!!びっくりしました。 そんな話、OSIのオープンソースの定義ではみたことが無いんですが。そもそもMySQLはメジャーになる前から一つの企業(MySQL AB)がリリース時期や仕様を管理しています。もしかしたら、最初からOSSじゃない? ってそんなわきゃないでしょう。

    理事長、まず以下のエントリを読んでください。そして、あなたのOSSの定義を教えてください。

    漢(オトコ)のコンピュータ道: 真のオープンソースとは何か?

    これまでの発言をみると、あなたの気にいらないソフトウエア(特にMySQL)はOSSではないようにコメントしているようですが、そもそもOSS-DB認定試験がMySQLに対応しないのは、PostgreSQLありきのものだからです。PostgreSQLにしか対応していない、それを突っ込まれた際のコメントとしてMySQLをdisるのはやめてもらえませんか。そして、disった後に「MySQLもやるかもしれない」とかいうのやめましょうよ。。。。

    OSS-DB認定試験ほど有名じゃないですが(皮肉です)MySQLにはOracleやSun microsystemsに統合されるずっと前からMySQL認定資格(試験)というものがあります。

    MySQL認定資格

    これも旧PostgreSQL CEと同様に長きにわたって(MySQLバージョン4.x -> 5.x)工数をかけてきたものです。それをOSS-DB認定試験ではなく、MySQL認定試験としてやっています。MySQLの試験なのであたりまえといえば、当たり前のネーミングです。(しかも、日本ローカルではなくワールドワイドでおこなっています) LPI-Japan殿がOSS-DBという名前を正当化するために、わざわざ車輪の再発明をする必要はないのです。(この点については、前々回のエントリで細かく書きましたのでご参照ください)

    P.S. オープンソースデータベースに言及するときには、時々FirebirdやApache Derbyも思い出してください。。。。
    | meijik | オープンソース | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    + RECOMMEND
    100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著 君のために選んだ1冊
    100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著 君のために選んだ1冊 (JUGEMレビュー »)

    100人のうちの一人としてミックさんの本を推薦しています。
    + RECOMMEND
    MySQL 5.1 Plugin Development
    MySQL 5.1 Plugin Development (JUGEMレビュー »)
    Andrew Hutchings,Sergei Golubchik
    MySQL 5.1 のプラグインを作るならこれ!
    + RECOMMEND
    AWKを256倍使うための本 (Ascii 256倍)
    AWKを256倍使うための本 (Ascii 256倍) (JUGEMレビュー »)
    志村 拓,鷲北 賢,西村 克信
    ここにきてまさかの復刊。15〜16年前の本ですが、いまでも十分役立ちますよ!!
    + RECOMMEND
    Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION)
    Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) (JUGEMレビュー »)
    松信 嘉範
    Linux-DB システム構築の新スタンダード。DB Magazine人気連載、待望の書籍化です!!
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    超・極める!MySQL
    超・極める!MySQL (JUGEMレビュー »)
    坂井 恵,志村 和彦,ひろせ まさあき,松信 嘉範
    内容は少々古くなりましたが、内部説明があり、いろいろ面白いです。
    + RECOMMEND
    The Root of .NET Framework
    The Root of .NET Framework (JUGEMレビュー »)
    荒井 省三
    .NETの根っこをつかむ、か?
    + RECOMMEND
    エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド
    エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド (JUGEMレビュー »)
    奥野 幹也
    これまでにない構築、そして構築後のMySQLのための本。
    + RECOMMEND
    Database Management Systems
    Database Management Systems (JUGEMレビュー »)
    Raghu Ramakrishnan,Johannes Gehrke
    ミックさん連載の参考書籍です。
    + RECOMMEND
    Advanced Programming in the UNIX Environment: Paperback Edition (2nd Edition) (Addison-Wesley Professional Computing Series)
    Advanced Programming in the UNIX Environment: Paperback Edition (2nd Edition) (Addison-Wesley Professional Computing Series) (JUGEMレビュー »)
    W. Richard Stevens,Stephen A. Rago
    必読! といいつつ私が読んだのは初版の日本語訳です。差分はチェックしないといけませんね。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    Western Digital Scorpio Blue 2.5inch 5400rpm 320GB 8MB PATA WD3200BEVE
    Western Digital Scorpio Blue 2.5inch 5400rpm 320GB 8MB PATA WD3200BEVE (JUGEMレビュー »)

    DELL SX260の換装用に購入。今はコチラのほうが安いですね。
    + RECOMMEND
    情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方
    情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方 (JUGEMレビュー »)
    Chad Fowler
    OSC2010神戸に出展されたジュンク堂で買いました。
    + RECOMMEND
    Software Design 総集編 【2000~2009】(DVD付)
    Software Design 総集編 【2000~2009】(DVD付) (JUGEMレビュー »)

    メガトン級の過去記事。売り切れる前にお店に急げ!
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    玄人志向 2.5型HDDケース SATA対応USB2.0接続 GW2.5AI-SU2
    玄人志向 2.5型HDDケース SATA対応USB2.0接続 GW2.5AI-SU2 (JUGEMレビュー »)

    Aspire 1410 HDD換装後、昔のHDDはこれにいれます。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    acer Aspire Timeline AS1410 11.6型ノートPC Windows7搭載 250GB ブラック AS1410-KK22
    acer Aspire Timeline AS1410 11.6型ノートPC Windows7搭載 250GB ブラック AS1410-KK22 (JUGEMレビュー »)

    色違い黒(他に青と白があります): メモリは最大4GBとあるが、がんばれば8GBいけるらしい。
    + RECOMMEND
    Firebird 徹底入門
    Firebird 徹底入門 (JUGEMレビュー »)
    木村 明治,はやし つとむ,坂井 恵
    Firebird日本ユーザ会のはやしさん、そしてMyNAから拝借(?) してきた坂井さんとともに書きました。まだ誰も知らないFirebird 2.5や、いままでドキュメントのなかったツール類についてもソースを確認してとりあげた本です。是非ご活用ください。
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • たまたま「プリントヘッドの種類が違います」エラーから復活@MG6230
      meijik (11/20)
    • [ミュージシャンに聴かせたい・弾かせたい!] (4) 山田元気様
      meijik (07/27)
    • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
      meijik (03/03)
    • 2019年の木村明治
      田中尚 (01/08)
    • 使い慣れたSQLに潜む実装依存: Firebirdの場合(6) 文字列との結合演算子
      noname (12/10)
    • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
      Moriaki_ (01/05)
    • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
      Moriaki_ (01/05)
    • 2015年版 InterBaseの歩み
      nakagami (12/06)
    • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
      meijik (11/22)
    • 分散DB本読書会第46回メモ「STOP AFTER 10」
      masudahidehiko (09/01)
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE