キムラデービーブログ

オープンソースデータベースを加速する「キムラデービー」のブログです。カレー日記を兼ねてます。なお著者は2010-06-01より日本オラクルに在籍していますが、本サイト(ブログ、またはウェブサイト)において示されている見解は、私自身の見解であって、オラクルの見解を必ずしも反映したものではありません。
<< OSSDB界を混乱させるPostgreSQL CEの改名(OSS-DB CE)に反対します。 | main | 鉄板焼きカレー@えーとお店の名前失念。 >>
OSSDB界は混乱しなかったらしい。なら認定試験名称は「OSS-DB CE」でどうぞ。
0
    JUGEMテーマ:コンピュータ


    昨日一日Hironobuさんのコメントにリプライしてきて、その過程でLPI-Japan殿が公式ホームページや、Twitterで「第一弾」という言い回しを挿入してきたことがわかったり、リプライのために自分の考えをまとめたりしていました。

    それにより、前回のエントリで提起したことについて、自分なりの結論(らしきもの)
    がでたので、前回のエントリで提起した話は本エントリで終わりにしたいと思います。

    ■オープンソースデータベース関連の認定試験について

    名称ではなく、認定試験や資格についてだけ考えてみました。

    実際のところ日本ではPostgreSQLとMySQLが人気を二分していていることは確かです。ここで私が騒いで今回のLPI-Japan殿が新設したOSS-DB CEが、PostgreSQLを第一弾にするとしましょう。

    その場合は当然第二弾としてはMySQLになると予想されますが、そもそもMySQLにはOracle(旧MySQL, 旧Sun)からあるMySQLの認定試験があります。わざわざ、車輪の再発明をする必要はないでしょう。じゃ、その次というとFirebirdをはじめとするオープンソースデータベース(Ingres, Apache Derby(Java DB), SQLite, Berkley DB, etc, etc)に今や近い将来認定試験が必要か、また、そのニーズがあるか、事業としての採算があうか、といったらきわめて難しいものだと思います。

    また、特定の製品によらないもの、を新規につくるとなると、Bronze(もしくは、Basic)的な初歩的なものを作成しなければなりません。これにはそれ相応の工数がかかりますし、内容的には旧PostgreSQL CE Silverや、MySQL 5.0/5.1/5.5 Certified Associateと多くの部分かぶりますので、それらとの兼ね合いが難しいでしょう。

    なので、LPI-Japan殿がOSS-DB CE/Examとして、PostgreSQLに特化した試験をやるのは「認定試験や資格」としては、かなり理にかなっています。なので「第一弾」とかやめて、当初の予定どおり、そのままやればいいんじゃないでしょうか? 逆に「第一弾」とすると、後が大変だと思います。

    ■「オープンソースデータベース」という名称のとらえ方

    冒頭の理由で実質オープンソースデータベースの認定試験は、既存のMySQLのものと新規(?) のPostgreSQLしか出ないと思いますし、そう思えばこそ「OSS-DB CE/Exam ポスグレでいいじゃない?」ということでネーミングされたのではないかと類推します。

    私は何の因果かオープンソースデータベースに10年以上かかわってきまとした。そして、その多くの期間を
    Firebirdに使ってきました。(ここ三年はMySQLも) そのため、「オープンソースデータベース」という言葉に過剰(?) な反応を示しました。しかしながら、前回のエントリにコメントしてくれたHironobuさんのように「認定試験の名前はどうでもいい」と思っている人や、OSS-DB == PostgreSQLな方には、そもそも、そのような思い入れはないらしい、ということが、わかってきました。私の思う「オープンソースデータベース」という名称のとらえ方やイメージと、彼らの思う「オープンソースデータベース」は違うのでしょう。きっと。

    例えばOSS-DBでググれば、これまで私が公にしてきた資料のいくつかはリストアップされます。

    ・オープンソースデータベースを選ぶ理由
    ・オープンソースDBの成熟度を計る[前編]
    ・OSSDB御三家のつくり

    私にとって「オープンソースデータベース」といってとりあげる場合には、FirebirdだけではなくPostgreSQLやMySQLもとりあげること(そして、余力があればその他もものまで(笑))ですが、それを名前はどうでもいい、と思っているひとや、特定のデータベースでいいと思っている人にまで、求めるのは「むなしいものだ」と、あらためて認識しました。

    なので、マーケティング的な観点でOSS-DB CE/Examをやるのはいいんじゃないですか。もう反対しません。
    もともと「オープンソースデータベース」という名称のとらえ方が違うのだから。



    これらを踏まえて木村自身としては最後に私の思いと、今回の事象と、どう決着をつけるのか、つじつまをあわせるのか? というところだけが、自分の関心事です。

    幸い私は一貫して「オープンソースデータベース」もしくは、それを短縮してOSSDBと表記し、
    OSS-DBと表記してきたことはありません。(ググるとハイフンとかは無視されてしまいますが)

    ということで、私の脳内ではOSSDBといえばオープンソースデータベースということで、
    これからも一貫して自分の言葉とそれに対する認識を大切にしていきます。

    OSS-DBとかOSS-DB CE, OSS-DB Examといえば、LPI-Japan殿がおこなっている(or今後おこなう)認定試験ということにします。

    というか、もともとそうだし。(ペンギンがOSS-DBを着ているマークもすでにあるし(笑)) 中身については、LPI-Japan殿が考えることですので、元々そうだったようにお好きな形でやればいいんじゃないでしょうか。



    今回ネーミングについて過剰反応した理由について。自分なりに考えてみました。

    私自身はソフトウエア業界で長らく仕事をしてきて、幸運にも製品をゼロからつくる機会に幾度か恵まれました。その場合、いつも相当に気をつかったのがネーミングです。

    あまり知られていないものではまずいし、一般的過ぎると既に登録されていたり、他社とのもめ事になってしまう。かといって、あまりにも奇抜なものや、中身を表していないものだと、認知されなかったり、購入されたお客様からクレームがくる。

    そういったことに神経をすり減らして、問題が予想される場合、強気の名前をつけてハードランディング(最悪訴訟)とか、弱めの名前をつけてそういったものを回避したり、万が一問題が起きたときにも、ソフトランディング(話し合いとか)も見越して、相応の理由付けをして、最終的にネーミングしてきました。そして、こういったことが常識だと思っていました。それを安易に「OSS-DB」とか「オープンソースデータベース」とか自分としてはその利用にかなり気をつけてきた一般的な名称を、(私としては)相応と思わないものに名付けられたのが過剰反応(? 自分ではそれほどだとは思っていませんが)の理由だと思います。

    認定試験については、冒頭で述べたとおり、実質的なものはPostgreSQLなもの(旧: PostgreSQL CE, 新: OSS-DB CE), MySQLなもの(MySQL認定試験)しか現時点ではありえませんので、これらを区別したいと思う人が明確に認識していればいいものなのだと思います。

    さて、今日と昨日にやるべきで、できなかった仕事に戻ります。
    | meijik | データベース | 23:30 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    LPI-Japan パートナー様向け懇親会 2011 〜新たなビジネスチャンスを生み出す OSS-DB〜

    http://www.lpi.or.jp/seminar20110318/index.shtml

    よかよか、がんばってくださいm(_ _)m
    | MeijiK | 2011/02/28 1:49 AM |
    日経Linux 4月号p.10-11見開き

    ■技術者認定規格
    PostgreSQLの技術者を認定する資格試験が始まる
    技術者育成でオープンソースDBの普及促進を後押し。

    よかよか、よかよか。
    | MeijiK | 2011/03/06 2:54 AM |
    先日、終了間際ということで8.0Silverを取りました。
    移管に関してはタイトルと中身が異なるというよりも、LPIジャパンのビジネスのやり方に問題があると思います。

    結論から言えば従来のPostgreSQL X.0 Silver/Goldという名称、コンセプトでは(つまりバージョンごとに資格を与えることでは)、LPIジャパンは継続的にお金が取れないのです。

    LPICと同様に資格に5年ごとの有効期限を設けて、継続的に受験者を確保して、収益を図るには、また、「最新技術に合わせています。」という大義名分に合わせるためには、どうしても具体的なDB名、バージョン名を規定してはいけないのです。

    逆にPostgreSQL8.0SilverCEに合格したら、永遠にその資格の有効性は保持されるべきです。具体的なDBもそのバージョンも決まっているわけですから、5年ごとに更新してくださいという理屈は通りづらいです。

    でもOSS-DB-CEと改名すれば、5年の内にPostgreSQLもバージョンアップするので(もしかすると、別の製品名になるかもしれないので)一旦、合格しても、技術スキルは陳腐化している可能性があるので、再受験してくださいという理屈は通ります。

    すべてはLPIジャパンの収益モデルの都合です。

    なので私は変更前に取得しました。
    一応これで、永久に履歴書にPostgreSQL8.0SilverCE取得済みと記述でき、かつ非公式ながら「現OSS-DB-CEに相当」などと注釈をつけることができます。
    SS-DB-CEでは履歴書に記名するには5年ごとに更新しなければLPIジャパンのポリシーに反します。

    全く嫌らしい時代になりました。
    | 通りすがり | 2011/07/04 5:58 AM |









    トラックバック機能は終了しました。
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    + RECOMMEND
    100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著 君のために選んだ1冊
    100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著 君のために選んだ1冊 (JUGEMレビュー »)

    100人のうちの一人としてミックさんの本を推薦しています。
    + RECOMMEND
    MySQL 5.1 Plugin Development
    MySQL 5.1 Plugin Development (JUGEMレビュー »)
    Andrew Hutchings,Sergei Golubchik
    MySQL 5.1 のプラグインを作るならこれ!
    + RECOMMEND
    AWKを256倍使うための本 (Ascii 256倍)
    AWKを256倍使うための本 (Ascii 256倍) (JUGEMレビュー »)
    志村 拓,鷲北 賢,西村 克信
    ここにきてまさかの復刊。15〜16年前の本ですが、いまでも十分役立ちますよ!!
    + RECOMMEND
    Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION)
    Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) (JUGEMレビュー »)
    松信 嘉範
    Linux-DB システム構築の新スタンダード。DB Magazine人気連載、待望の書籍化です!!
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    超・極める!MySQL
    超・極める!MySQL (JUGEMレビュー »)
    坂井 恵,志村 和彦,ひろせ まさあき,松信 嘉範
    内容は少々古くなりましたが、内部説明があり、いろいろ面白いです。
    + RECOMMEND
    The Root of .NET Framework
    The Root of .NET Framework (JUGEMレビュー »)
    荒井 省三
    .NETの根っこをつかむ、か?
    + RECOMMEND
    エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド
    エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド (JUGEMレビュー »)
    奥野 幹也
    これまでにない構築、そして構築後のMySQLのための本。
    + RECOMMEND
    Database Management Systems
    Database Management Systems (JUGEMレビュー »)
    Raghu Ramakrishnan,Johannes Gehrke
    ミックさん連載の参考書籍です。
    + RECOMMEND
    Advanced Programming in the UNIX Environment: Paperback Edition (2nd Edition) (Addison-Wesley Professional Computing Series)
    Advanced Programming in the UNIX Environment: Paperback Edition (2nd Edition) (Addison-Wesley Professional Computing Series) (JUGEMレビュー »)
    W. Richard Stevens,Stephen A. Rago
    必読! といいつつ私が読んだのは初版の日本語訳です。差分はチェックしないといけませんね。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    Western Digital Scorpio Blue 2.5inch 5400rpm 320GB 8MB PATA WD3200BEVE
    Western Digital Scorpio Blue 2.5inch 5400rpm 320GB 8MB PATA WD3200BEVE (JUGEMレビュー »)

    DELL SX260の換装用に購入。今はコチラのほうが安いですね。
    + RECOMMEND
    情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方
    情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方 (JUGEMレビュー »)
    Chad Fowler
    OSC2010神戸に出展されたジュンク堂で買いました。
    + RECOMMEND
    Software Design 総集編 【2000~2009】(DVD付)
    Software Design 総集編 【2000~2009】(DVD付) (JUGEMレビュー »)

    メガトン級の過去記事。売り切れる前にお店に急げ!
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    玄人志向 2.5型HDDケース SATA対応USB2.0接続 GW2.5AI-SU2
    玄人志向 2.5型HDDケース SATA対応USB2.0接続 GW2.5AI-SU2 (JUGEMレビュー »)

    Aspire 1410 HDD換装後、昔のHDDはこれにいれます。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    acer Aspire Timeline AS1410 11.6型ノートPC Windows7搭載 250GB ブラック AS1410-KK22
    acer Aspire Timeline AS1410 11.6型ノートPC Windows7搭載 250GB ブラック AS1410-KK22 (JUGEMレビュー »)

    色違い黒(他に青と白があります): メモリは最大4GBとあるが、がんばれば8GBいけるらしい。
    + RECOMMEND
    Firebird 徹底入門
    Firebird 徹底入門 (JUGEMレビュー »)
    木村 明治,はやし つとむ,坂井 恵
    Firebird日本ユーザ会のはやしさん、そしてMyNAから拝借(?) してきた坂井さんとともに書きました。まだ誰も知らないFirebird 2.5や、いままでドキュメントのなかったツール類についてもソースを確認してとりあげた本です。是非ご活用ください。
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • たまたま「プリントヘッドの種類が違います」エラーから復活@MG6230
      meijik (11/20)
    • [ミュージシャンに聴かせたい・弾かせたい!] (4) 山田元気様
      meijik (07/27)
    • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
      meijik (03/03)
    • 2019年の木村明治
      田中尚 (01/08)
    • 使い慣れたSQLに潜む実装依存: Firebirdの場合(6) 文字列との結合演算子
      noname (12/10)
    • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
      Moriaki_ (01/05)
    • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
      Moriaki_ (01/05)
    • 2015年版 InterBaseの歩み
      nakagami (12/06)
    • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
      meijik (11/22)
    • 分散DB本読書会第46回メモ「STOP AFTER 10」
      masudahidehiko (09/01)
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE