キムラデービーブログ

オープンソースデータベースを加速する「キムラデービー」のブログです。カレー日記を兼ねてます。なお著者は2010-06-01より日本オラクルに在籍していますが、本サイト(ブログ、またはウェブサイト)において示されている見解は、私自身の見解であって、オラクルの見解を必ずしも反映したものではありません。
商用データベース御三家、無償版(Express)アップデート(2019/12)
0
    商用データベース御三家、無償版(Express)アップデート(2019/12)

    この記事は、JPOUG Advent Calendar 2019 8日目の記事です。
    (忘れていてすみません。本記事は12/20に投稿しました)
    7日目はgowatanaさんの記事『Oracle Linux 7 での最近の Yum リポジトリ登録について』でした。

    五年ほど前に以下のようなブログエントリを書きました。

    商用データベース御三家、無償版アップデート(2015/01)

    この五年間に商用データベース御三家の無償版も少しアップデートされましたので、それについてまとめておきます。(JPOUG Advent Calendarのエントリなので、少しOracleよりです)

    Db2のリソース制限が少しきつくなったことと、各社Expressで利用できる機能が増えていることが特徴です。
    例えば、Oracle XEはOracle 18c XEからEE(Enterprise Edition)がベースとなり、Spartial and Graphの機能が使えるようになっていたりします。

    オラクルのデータベース製品でGISを使おう!(キムラデービーブログ)

    1.SQL Server Express
    前回以降、以下の三つのバージョンアップがなされました。

    SQL Server 2016 Express
    SQL Server 2017 Express
    SQL Server 2019 Express

    制限はほぼそのままです。2017よりLinux版が提供されるようになったことと、SP(Service Pack)は2016までで
    2016は現在SP2(Service Pack2)ですが、2017からはCumulative Updates (CUs) と critical updates (GDRs)で提供されるようになりました。

    SQL Server Express(Wikipedia)

    2.Oracle XE
    以下の二つのバージョンアップがなされました。相変わらずパッチの提供はなし、です。

    Oracle 12c XE
    Oracle 18c XE

    Oracle Database Express Edition | Oracle 日本

    3. DB2 Express-C
    以下の二つのバージョンアップがなされました。

    11.1
    11.5

    データベースサイズが以前のものより小さくなった(100GB)ようです。。。
    と思ったら、それは新たに増えたCommunity Editionで、Express-Cは15TBのままでした。

    「DB2」から「Db2」へ 〜開発者からの意見を取り入れたDb2〜(IBMソリューション)

    現在、それぞれの会社からはクラウドが提供され、無償枠でもデータベースが使えたりしますので、
    Expressの意味合いはどんどん薄れていく感じですね。以下のブログ記事ではOracle XE以外にも
    どのようなOracleが無償利用できるか、ということがコーソルの渡部さんによってまとめられています。

    Oracle Databaseを無償で使う方法いろいろ(コーソル DatabaseエンジニアのBlog)

    「クラウドファースト」でのリリースも一般的になってきたので、今後は新機能の確認もクラウドになるんですかねー。各社マニュアルも見やすくなってSQLの勉強がススムくんです。

    Oracle
    SQL Server
    IBM Db2

    9日目はkurouuuron1さんの記事『DGBrokerで楽々運用管理』です!

    JUGEMテーマ:コンピュータ



    | meijik | クロスデータベース | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    オラクルのデータベース製品でGISを使おう!
    0
      オラクルのデータベース製品でGISを使おう!

      このエントリはRDBMS-GIS(MySQL,PostgreSQLなど) Advent Calendar 2019 の七日目です。

      日本オラクルでMySQLのサポートをなりわいとしている木村です。

      オラクルのデータベース製品で最近GIS関連の機能が追加コストなしで利用できるようになったのでお知らせします。

      そのいち: Oracle DatabaseのすべてのエディションでSpatial and Graphが無料に!

      おとといの以下のブログで詳細されています。

      Spatial now free with all editions of Oracle Database

      もともとEE(Enterprise Edition)のオプションであり、SE(Standard Edition)にはOracle Locatorと呼ばれるサブセットしか
      利用できなかったものがすべてのエディションで追加コストなしに利用できるようになりました。

      # Express Editionについては18c Express editionから、ベースがEEになっており、利用することが可能にはなっていました。

      Oracle Database 18c Express Editionの紹介

      長年実績のあるOracle の Spatial and Graph機能、ぜひお試しください。

      そのに: MySQL 5.7でGIS機能が刷新され本体組み込みになり、8.0で改善されました。
      以下の資料を参考に、ぜひお試しください。

      MySQL 5.7で刷新されたGIS機能のご紹介

      MySQL 8.0で強化されたGIS機能のご紹介

      著者のやまさきさんは、先日の以下のイベントでも登壇されたので、後日資料公開がアナウンスされると思います。気になる方はチェックしてみてください。

      MySQL Technology Cafe #6

      JUGEMテーマ:コンピュータ



      | meijik | クロスデータベース | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      単精度、倍精度のその先は→四倍精度と十進浮動小数点数(DECFLOAT)
      0
        タイトル: 単精度、倍精度のその先は→四倍精度と十進浮動小数点数(DECFLOAT)
        副題: "Firebird on the road from V4 to V5"(4) Firebird 4でのDECFLOATデータタイプ

        本エントリはFirebird Advent Calendar 2019の六日目です。

        以前このようなエントリを書きました。

        単精度、倍精度のその先は?

        四倍精度は一部のCPUや、処理系(gcc での long double)には実装されていますが、まだあまり一般的ではありません。

        四倍精度浮動小数点数

        また、RDBMSのデータ型としても見当たりません。

        ただ、IBMは自社のCPU(Power9(POWER ISA3.0))でIEEE 754 の四倍精度浮動小数点数と四倍精度十進浮動小数点数をサポートしています。
        その関係からか、後者をサポートするDECFLOATというデータ型がDb2でサポートされています。またこれはSQL:2016でSQL標準になりました。

        現在サポートしているのはIBM Db2だけですが、Firebirdも4.0でサポートする予定です。
        # PostgreSQLでもdecimal64,decimal128のサンプル実装があるので、結構はやくサポートできるかも。。。。
        以下はFirebird 4.0で予定されている内容です。

        DECFLOAT / DECFLOAT(16) / DECFLOAT(34)
        # 省略時はDECFLOAT(34)

        ビルトイン関数はすべて対応。
        さらにDECFLOAT型特有の関数を用意。以下の関数がプレゼンテーション資料にあります。
        (リンク先はIBM Db2 9.7の同名の関数になります)

        COMPARE_DECFLOAT
        NORMALIZE_DECFLOAT
        QUANTIZE
        TOTALORDER

        "Firebird on the road from v4 to v5"はFirebirdの初日に行われた最初のセッションで、
        Firebird Projectのドミトリィ・ヤマノフ(Dmitry Yemanov)により行われました。資料は以下のリンクから取得できます。

        "Firebird on the road from v4 to v5"

        本エントリは上記資料の「Firebird 4.0 Preview」パートで、DECFLOATの内容を説明しました。

        JUGEMテーマ:コンピュータ



        | meijik | クロスデータベース | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「他のデータベースではRECURSIVEを指定するとエラーになります」の読み筋がわかった夜
        0
          昨日このイベントに出て、終了後「SQL ServerでRECURSIVEつけるとエラーになるんですよね」といわれた。

          確かにプレゼンでは、テンポラル表や、DROP TABLE IF EXISTSの例を出して、これらはSQL Server 2016で動作確認を行いながらやったけど、WITH RECURSIVEはこれまで使っていた資料のつかいまわしで、SQL Serverで動作確認してなかった。確かにエラーになる。

          1> WITH RECURSIVE n AS
          2> (SELECT empid, name
          3> FROM shain
          4> WHERE name = N'きむら'
          5> UNION ALL
          6> SELECT nnext.empid, nnext.name
          7> FROM shain as nnext, n
          8> WHERE n.empid = nnext.mgrid)
          9> SELECT name FROM n;
          10> go
          メッセージ 102、レベル 15、状態 1、サーバー MEKIMURA-JP¥LOCALDB#5ADC7725、行 1
          Incorrect syntax near 'n'.

          あらためて、マニュアルをみると確かにRECURSIVEの記述がない。
          以下の記事でも、商用御三家(Oracle DB, SQL Server, Db2)はRECURSIVEキーワードをサポートしていなかった。

          One Giant Leap For SQL: MySQL 8.0 Released


          Firebird でサポートしていたので、商用御三家もサポートしているものと思い込んでいました。びっくりです。

          JUGEMテーマ:コンピュータ



          | meijik | クロスデータベース | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2019年のLIST関数。主要なRDBMSのすべてがサポート(GROUP_CONCAT,STRING_AGG,LISTAGG)済み
          0
            昔々WATCOM SQLというデータベースがLIST関数をサポートしました。これはいわば文字列に対する集計関数のようなもので、

            DBCAT DBNAME
            ----- ------
            1 Firebird
            2 Oracle
            1 MySQL
            2 DB2
            1 PostgreSQL
            2 SQLServer
            1 SQLite



            DBCAT DBNAME
            ----- ------
            1 Firebird,MySQL,PostgreSQL,SQLite
            2 Oracle,DB2,SQLServer

            のようにするための関数です。

            SELECT DBCAT, LIST(DBNAME)
            FROM DBPRODUCT
            GROUP BY DBCAT;

            と使います。

            以前以下のようなエントリを書きました。

            Firebird 2.1の新機能(4) LIST関数(キムラデービーブログ)

            この当時はFirebirdとMySQLしか対応していませんでしたが、
            もう12年も前(!?)のことなので、いろいろと状況は好転しています。

            (1) PostgreSQL 9.0でSTRING_AGGサポート
             PostgreSQLでは、ARRAY_AGGのようなSTRING_AGGをサポートしました。その後SQL Server 2017でSTRING_AGGがサポートされました。
            (2) Oraclel 11g R2, IBM DB2 9.7 FP4LISTAGGをサポート
            (3) SQLiteでは2007-12-14 (3.5.4)にてGROUP_CONCATをサポート

            つまり主要なRDBMSのすべてで当該関数がLIST,GROUP_CONCAT,STRING_AGG,LISTAGGのいずれかでサポートされた、ということになります。

            # どこかに途中までまとめていた、とおもったら拙著「おうちで学べるデータベースの基本」の六章●文字列を集約する「GROUP_CONCAT」の注7でした。ここではOracle 11gでLISTAGG関数サポートと記述しましたが、11gR2が正しいですね。本記事はこれを最新のものにアップデートしたものです。

            JUGEMテーマ:コンピュータ



            | meijik | クロスデータベース | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            あなたのDBはINTERSECTとEXCEPTをサポートしているかどうか。Firebird(とMySQL)はしてねえっす。
            0
              あなたのDBはINTERSECTとEXCEPTをサポートしているかどうか。Firebirdはしてねえっす。

              本エントリは(遅れていますが)Firebird Advent Calendar 2018の13日目のエントリです。

              本来は「Firebirdの分析関数の衝撃(12) 2つのテーブルが相等であるかどうか」というエントリを書こうとおもったのですが、その前提(?) にINTERSECTとEXCEPTが必要だったので、それについて先にまとめておきたくて、このエントリになりました。

              各データベースの集合演算(UNION, INTERSECTION, EXCEPT)の実装度合いはデータベースによって違う(UNION, UNION ALLは全てのデータベースでサポートされている) 割り算(DIVIDE BY的なもの)は、全てのデータベースでサポートされていません。

              なぜALLがあるのか、とか、割り算がないのか、というところは以下のミックさんのブログ記事を御参照ください。

              SQLで集合演算

              各データベースの集合演算のサポート具合で、三つのグループに分けられます。

              (1) INSERSECTとEXCEPTのどちらもサポートしていない: Firebird, MySQL
              (2) INSERSECTとEXCEPT(MINUS)のどちらもサポートしているが、ALLをサポートしていない: Oracle(19c以前), SQLite, SQL Server (2005以降), MariaDB (10.3以降)
              (3) INSERSECTとEXCEPTもサポートし、それぞれALLもサポートしている: Oracle(20c以降), IBM Db2, PostgreSQL, MariaDB(10.5以降)

              # Firebird以外は以下のエントリが参考になります。

              What’s New in MariaDB 10.3, 5.Intersect and Except

              FirebirdへのFR(Feature Request)は以下。

              [#CORE-808] Add support for INTERSECT and EXCEPT data set operators

              PostgreSQL, IBM Db2以外のRDBMで、
              (2) でINTERSECT ALL, EXCEPT ALLをシミュレート、
              (1) で上記に加えてINTERSETC, EXCEPTをシミュレートするには、
              プログラマのためのSQL 第四版 第34章集合演算(Set Operation)の34.2 INTERSECTとEXCEPTを読むといいです。(最新のSQL for Smarties 5th EditionではCHAPTER 16 SET Operationの16.2 INTERSECT and EXCEPT にあたります)

              注意すべき点はNULLと値の重複の有無です。これらがなければネットで検索してでてくるようなクエリはほとんど動く(はず)です。例えば対象とする列が主キーであれば、問題なく動くはずです。

              [2020-02-15 追記]
              MariaDBが10.5からINSERSECTとEXCEPTのALLをサポートするようになったので(3)にエントリ追加。

              EXCEPT ALL and INTERSECT ALL (MDEV-18844)

              なお、Oracle 20cにて、SQL標準互換のEXCEPTと、それぞれのALLがサポートされたとのことで追記しました。



              JUGEMテーマ:コンピュータ



              | meijik | クロスデータベース | 01:23 | comments(0) | - | - | - |
              Effective SQL 日本語版が発売されます
              0
                評価:
                John L. Viescas,Douglas J. Steele,Ben G. Clothier
                翔泳社
                ¥ 3,780
                (2017-12-15)
                コメント:期待しています。邦訳がでるということで、期待しています。

                おはようございます。朝六時から以下の流れで。。。。

                (1) 翔泳社からの20%クーポンの案内
                (2) いろいろザッピング
                (3) "Effective SQL"を見つける
                (4) 原著は去年発売
                (5) kindle版原著が半額で買う
                (6) Oreilly Safariにあるのを見つけてがっくりorz <-イマココ

                原著のよさげな日本語レビューがありますので、とりあえずこちらをどうぞ

                書評:Effective SQL

                とりあえず日本語版がでたら、購入して読書会でもやりますかね〜

                JUGEMテーマ:コンピュータ



                | meijik | クロスデータベース | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                [勝手に補足] SQLポケットリファレンス(改訂第4版) (3) SQLite3 (3.18)導入
                0
                  前回の続き。ざっくり全部読み通すのには時間がかかるので、気づいたものがたまったら更新してゆく形にします。

                  なんか検証のためにSQLite入れてみました。(3は初めて!)
                  SQLite対応をうたっているわりにはいろいろアマアマなような気がするは私だけ?

                  通常Windowsバイナリを入れるとDLLとdefファイルだけで、検証には不向き>
                  そのため、sqlite.orgのdownloadから以下を選択すると、sqlite3.exeがあり、便利。

                  sqlite-tools-win32-x86-3180000.zip(1.56 MiB)

                  sqlite3.exeをパスが通ったところにおくと、以下のようにシェル実行できます。

                  C:¥Users¥mekimura>sqlite3
                  SQLite version 3.18.0 2017-03-28 18:48:43
                  Enter ".help" for usage hints.
                  Connected to a transient in-memory database.
                  Use ".open FILENAME" to reopen on a persistent database.

                  たとえば9.で未対応とされたWITH RECURSIVE句も、以下のように確認できます。

                  CREATE TABLE shain(empid INT PRIMARY KEY, name VARCHAR(20), mgrid INTEGER);
                  INSERT INTO shain VALUES ( 1, 'みやはら', NULL);
                  INSERT INTO shain VALUES ( 2, 'きむら', 1);
                  INSERT INTO shain VALUES ( 3, 'かまたき', 1);
                  INSERT INTO shain VALUES ( 4, '加藤', 2);
                  INSERT INTO shain VALUES ( 5, '林', 2);
                  INSERT INTO shain VALUES ( 6, '三浦', 5);

                  WITH RECURSIVE n AS
                  (
                  SELECT empid, name FROM shain WHERE name = 'きむら'
                  UNION ALL
                  SELECT nnext.empid, nnext.name FROM shain as nnext, n WHERE n.empid= nnext.mgrid
                  )
                  SELECT * FROM n;

                  結果
                  2|きむら
                  4|加藤
                  5|林
                  6|三浦

                  JUGEMテーマ:コンピュータ



                  | meijik | クロスデータベース | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  今月(2017-05)末、大阪でオープンソースRDBMSのお話させていただきます。
                  0
                    去年も同じころ関西DB勉強会でお話させていただきましたが、今年もまた参加させていただきます。

                    第5回 関西DB勉強会
                    2017/05/20(土)12:00 〜 19:00
                    @Insight Technology 大阪支店


                    木村からFirebird/MySQL観点のお話をさせていただきます。

                    お近くに住まわれていて、ご興味ありましたら、ぜひご参加ください。
                    懇親会もありますので、木村の馬鹿話が聞きたいひとはそちらもぜひ :) !

                    JUGEMテーマ:コンピュータ



                    | meijik | クロスデータベース | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    [勝手に補足] SQLポケットリファレンス(改訂第4版) (2)
                    0
                      昨日の続きです。なんとか最後までざっくり10時間くらいで読みきりたい。。。。

                      12. OFFSET FETCH

                      × DB2では、OFFSETおよび、FIRSTの指定を行うことができません。
                      ○ DB2では、OFFSETおよび、NEXTの指定を行うことができません。

                      通常、上記ですが、去年(2016年)の6月にリリースされたDB2の最新版11.1からは
                      NEXTも指定できますし、OFFSETも指定できるようになっています。
                      (ただOFFSETの指定位置がSQL標準といっしょかどうか木村は未確認)

                      13. SELECT結果からテーブルをつくる場合は、インデックスや制約など省かれるので注意。。。。

                      14. COLUMN SELECT結果の保存

                      △MySQLは「CREATE TABLE AS」を利用できます。SELECT INTOは、データファイルへのエクスポートになります。

                      SELECT INTOは著者がその前後で述べているOracle / DB2と同様に変数への値の代入にも使います。See

                      13.2.9.1 SELECT ... INTO 構文


                      15. INSERTにMySQLのON DUPLICATE KEY UPDATEの記述はあるのに、PostgreSQL 9.5からサポートされた、同様の機能ON CONFLICT ON CONSTRAINT 制約名 DO UPDATE set name = EXCLUDED.name; の記述なし。

                      16.計算列のサポート

                      △計算列 Oracle, SQL Server, DB2では、計算式による列を定義することができます。
                      ○計算列 Oracle, SQL Server, DB2, MariaDB(5.2以降), MySQL(5.7以降)では、計算式による列を定義することができます。

                      Virtual (Computed) Columns

                      MySQL 5.7で生成カラムを使って関数INDEXを作成する(Qiita)


                      とりあえず、今日はここまで。

                      JUGEMテーマ:コンピュータ



                      | meijik | クロスデータベース | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      + RECOMMEND
                      100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著 君のために選んだ1冊
                      100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著 君のために選んだ1冊 (JUGEMレビュー »)

                      100人のうちの一人としてミックさんの本を推薦しています。
                      + RECOMMEND
                      MySQL 5.1 Plugin Development
                      MySQL 5.1 Plugin Development (JUGEMレビュー »)
                      Andrew Hutchings,Sergei Golubchik
                      MySQL 5.1 のプラグインを作るならこれ!
                      + RECOMMEND
                      AWKを256倍使うための本 (Ascii 256倍)
                      AWKを256倍使うための本 (Ascii 256倍) (JUGEMレビュー »)
                      志村 拓,鷲北 賢,西村 克信
                      ここにきてまさかの復刊。15〜16年前の本ですが、いまでも十分役立ちますよ!!
                      + RECOMMEND
                      Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION)
                      Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION) (JUGEMレビュー »)
                      松信 嘉範
                      Linux-DB システム構築の新スタンダード。DB Magazine人気連載、待望の書籍化です!!
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      超・極める!MySQL
                      超・極める!MySQL (JUGEMレビュー »)
                      坂井 恵,志村 和彦,ひろせ まさあき,松信 嘉範
                      内容は少々古くなりましたが、内部説明があり、いろいろ面白いです。
                      + RECOMMEND
                      The Root of .NET Framework
                      The Root of .NET Framework (JUGEMレビュー »)
                      荒井 省三
                      .NETの根っこをつかむ、か?
                      + RECOMMEND
                      エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド
                      エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド (JUGEMレビュー »)
                      奥野 幹也
                      これまでにない構築、そして構築後のMySQLのための本。
                      + RECOMMEND
                      Database Management Systems
                      Database Management Systems (JUGEMレビュー »)
                      Raghu Ramakrishnan,Johannes Gehrke
                      ミックさん連載の参考書籍です。
                      + RECOMMEND
                      Advanced Programming in the UNIX Environment: Paperback Edition (2nd Edition) (Addison-Wesley Professional Computing Series)
                      Advanced Programming in the UNIX Environment: Paperback Edition (2nd Edition) (Addison-Wesley Professional Computing Series) (JUGEMレビュー »)
                      W. Richard Stevens,Stephen A. Rago
                      必読! といいつつ私が読んだのは初版の日本語訳です。差分はチェックしないといけませんね。
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      Western Digital Scorpio Blue 2.5inch 5400rpm 320GB 8MB PATA WD3200BEVE
                      Western Digital Scorpio Blue 2.5inch 5400rpm 320GB 8MB PATA WD3200BEVE (JUGEMレビュー »)

                      DELL SX260の換装用に購入。今はコチラのほうが安いですね。
                      + RECOMMEND
                      情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方
                      情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方 (JUGEMレビュー »)
                      Chad Fowler
                      OSC2010神戸に出展されたジュンク堂で買いました。
                      + RECOMMEND
                      Software Design 総集編 【2000~2009】(DVD付)
                      Software Design 総集編 【2000~2009】(DVD付) (JUGEMレビュー »)

                      メガトン級の過去記事。売り切れる前にお店に急げ!
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      玄人志向 2.5型HDDケース SATA対応USB2.0接続 GW2.5AI-SU2
                      玄人志向 2.5型HDDケース SATA対応USB2.0接続 GW2.5AI-SU2 (JUGEMレビュー »)

                      Aspire 1410 HDD換装後、昔のHDDはこれにいれます。
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      acer Aspire Timeline AS1410 11.6型ノートPC Windows7搭載 250GB ブラック AS1410-KK22
                      acer Aspire Timeline AS1410 11.6型ノートPC Windows7搭載 250GB ブラック AS1410-KK22 (JUGEMレビュー »)

                      色違い黒(他に青と白があります): メモリは最大4GBとあるが、がんばれば8GBいけるらしい。
                      + RECOMMEND
                      Firebird 徹底入門
                      Firebird 徹底入門 (JUGEMレビュー »)
                      木村 明治,はやし つとむ,坂井 恵
                      Firebird日本ユーザ会のはやしさん、そしてMyNAから拝借(?) してきた坂井さんとともに書きました。まだ誰も知らないFirebird 2.5や、いままでドキュメントのなかったツール類についてもソースを確認してとりあげた本です。是非ご活用ください。
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      • たまたま「プリントヘッドの種類が違います」エラーから復活@MG6230
                        meijik (11/20)
                      • [ミュージシャンに聴かせたい・弾かせたい!] (4) 山田元気様
                        meijik (07/27)
                      • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
                        meijik (03/03)
                      • 2019年の木村明治
                        田中尚 (01/08)
                      • 使い慣れたSQLに潜む実装依存: Firebirdの場合(6) 文字列との結合演算子
                        noname (12/10)
                      • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
                        Moriaki_ (01/05)
                      • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
                        Moriaki_ (01/05)
                      • 2015年版 InterBaseの歩み
                        nakagami (12/06)
                      • 毎月日経SYSTEMSが届くたびに?が増え続ける: 日経SYSTEMSのコラム「ITアーキテクチャーの真髄」と「第7正規化」
                        meijik (11/22)
                      • 分散DB本読書会第46回メモ「STOP AFTER 10」
                        masudahidehiko (09/01)
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE